チューリップへの水やり

原種チューリップの球根を鉢植え 育成記録1

こんにちわ。 園芸にも挑戦中の右京(自己紹介はこちら)です。

2023年12月16日、年末も差し迫ってきた12月中旬ですが天気は大快晴。

快晴の青空

この日の予想最高気温は20℃で大掃除をするにはうってつけの日ではありますが、
大掃除は後回しにして球根植えをしました。
数か月にわたる実験のスタートを少しだけ楽しみにもしていたのです。

 

原種のチューリップの育成を思い立ち
球根をネット購入
前回の育成記録 0

 


最初ということもあって、数日前にプランターと土を購入しておきました。
初の植え付けなので肥料を入れても良さそうですが▼培養土なら肥料を加える必要もなさそうなので便利です。

球根の培養土

購入したのは「花と野菜 育てる培養土」。
何よりパッケージのアイキャッチ『根張抜群』に釣られました。

なにせ球"根"が目当てですので。



プランターの底には水はけを良くする砂利などを敷くのが良さそうですが▼小さいですし粗めでもネットが敷かれていたので今回は省略。
早々に土を敷いていきます。

そして、植え付けでは球根サイズの2~3個の深さで植えられていれば良いとのことで
そのくらいの深さを狙って適当に土を入れて球根を並べます。

分からなくならないように名札を付けて写真撮影。

さて、この写真と植えつけ方を見て「これはマズいでしょ」と思われますか?
※この辺りの判断が次回以降で「あ~ぁ、、」とかドキッとする結果になるのです。。


さらに上からモリモリと土をかけて球根を埋め、最後にお水をたっぷりと。
球根に目覚めてもらいます。

チューリップへの水やり

これから冬の冷たい外気を感じて発根し、さらに成長して発芽します。



小学校の授業ではアサガオも育てたものですが、その後の理科の授業では『発芽の三要素』を学んだことを思い出します。

こちらは実家のヒヤシンス。
PETボトルの水耕栽培ですが、発芽三要素をもって立派に発芽していました。

発芽の3大要素をヒヤシンスで



そして、発芽の三要素とは、、


『水』・『空気(酸素)』・『温度』、ですね。

”適切な”量や気温等の条件もありますが、球根の発芽に対しても必要なのは肥料よりも水だそうで
プランターには土が乾かないように水をあげ続けるのが良いとのこと。
 

年明け以降もしばらくの間、土の乾き具合を確認するのが日課になっていました。
日中は暖かい日々が多いとはいえ朝晩は12月らしく寒い日もありますので
今後もすくすくと育って欲しい思いです。

球根の発芽待ち

 

次回以降、私のイメージとは違った育成記録をお楽しみに。

 原種のチューリップが咲いた

レディジェーンとリトルビューティが咲いた

 

 

お問合せ

出店や商品などに関するお問い合わせはコチラからお願いします。
▶︎ Contact

 

 

記事一覧