頂きもののイラン料理の缶詰め。「Stew」と書かれた2つの煮込み料理の正体は?

頂きもののイラン料理の缶詰め。「Stew」と書かれた2つの煮込み料理の正体は?

中東よりも中華好き、月イチ初心者ブロガー 右京(自己紹介はこちら)です。

月イチなんかじゃ「ブロガー」なんて名乗れませんが、、


5月の連休が明けて梅雨入り間近な時期ですが
中東を社内で宣伝する差入れ担当兼任のSunaoさんからまた頂きました。

あいにく写真からは缶詰め感は伝わりませんが
イラン製、イラン料理の缶詰めらしいです。

イランのシチューの缶詰め2個

見慣れませんが本当にどこで買ってくるんでしょうね。

 

パッと見でペルシャ語?アラビア文字?しか見当たらず
英単語はおろかアルファベットも無いので
「今度は何を食べさせられるのか」
と、一瞬

「・・・」
となりました笑

パッケージをクルクル回して観察すると、それぞれ
『Potato Gheimeh Stew』
『Fesenjan Stew With Meat Ball / Plum with Core』

アルファベットでも Gheimeh や Fesenjan はやっぱり意味不明。
結局ハッキリは分かりませんが、馴染みのあるジャガイモ、
肉団子などを使った煮込み料理らしいことは分かりました。

背面を見てもやっぱりヒントになるアルファベットは少なく、

イランのシチューの缶詰め裏面
進行する老眼で小さな文字を認識できなくなりつつありますが
15分湯煎して食べることは図と「15 min」で分かります。


機内食のメイン料理のようなアルミ製パックに入っているので
「電子レンジなら、そのままチンはしないで器に移してから」
とアドバイスをくれたSunaoさん。

アルファベットの表記が少ないところからして
100%イラン現地の人が食べることを想定している雰囲気です。
やっぱり、どこで買ってくるんでしょう??


何だか分からないものを積極的に口にできる性分でもないので
ネットで調べてみると、、

パッと一目で分かりやすそうなサイトがまったく無いんです。

リスティングされたのはアルファベットやアラビア文字ばかり。


AI先生に聞いてみると、
『Potato Gheimeh Stew』は

ジャガイモのゲイメ シチューは「ゲイメ」として知られる伝統的なペルシャ (イラン) 料理です。これは通常、牛肉または羊肉、スプリットエンドウ、トマト、乾燥したライムで作られる風味豊かなシチュー 
ペルシャ料理のイランのシチュー Potato Gheimeh Stew


『Fesenjan Stew With Meat Ball』は、

ミートボール入りフェセンジャンのシチューは、「フェセンジャン」または「コレシュ・エ・フェセンジャン」として知られる伝統的なペルシャ (イラン) 料理で、鶏肉や七面鳥やアヒルなどの肉団子をすりつぶしたクルミとザクロの糖蜜で作られた濃厚でピリッとしたソースで煮込むもの。風味は他の料理と異なり、酸味と甘みなどの風味が追加されます

ペルシャ料理のイランのシチュー Fesenjan Stew With Meat Ball / Plum with Core

さらに簡単な画像翻訳をしてみると、

Gheimeh
Fesenjan

パッケージの表面には新しい情報はありませんでしたが
本格的なイラン料理で、AI先生からはさすがの分かりやすい情報が。

中華好きな私としては
羊や七面鳥、アヒルは中華でも”お馴染み肉”なので抵抗ありませんが
「風味」とか「ほかの料理と異なる」のワードが少々気になります笑

ここでいう「風味」って何でしょう。
香りとか味わいとか、スパイス系のやつでしょうか。


いろんな意味で楽しみですが
”食べてみた記事”は月イチブロガーの次回投稿をお楽しみに。

 

  

お問合せ

出店や商品などに関するお問い合わせはコチラからお願いします。
▶︎ Contact

 

 

記事一覧